ガネーシャ・ギリ先生

第2期生より特別講師としてお招きするガネーシャ・ギリ先生です。ガネーシャ・ギリ先生

ヨーガ歴27年、瞑想歴38年のベテラン中の大ベテラン。経験豊富な先生からの特別クラスもとても楽しみですね。

ギリ先生からのメッセージです。

「ヨガの本質を学び、それを伝える技術を学ぼうと決意された皆さまは、素晴らしい人生の選択をされたと思います。
長い歴史を持つヨガは、大変広くまた限りなく深いです。今回は特別講師として、ヒマラヤの庵で老賢者から学ぶような叡智とまではいかないまでも、そのさわり位の専門知識をお伝えできればと思います。どうぞ今後のヨガ人生のスパイスとして有効にご活用いただければと思います。」

どうぞよろしくお願いいたします。

ガネーシャ・ギリ先生

 

先日、1期卒業希望者の方がギリ先生にインド占星術を見てもらいましたよ。

ご自分のホロスコープが分かると、冷静に客観的に自分自身を分析できたりしますね。
私も以前ギリ先生に見ていただいたことがあります。
占星術と言いますが、もうこれは運命そのもののように感じました。

ガネーシャ・ギリ先生

さてさて、2期生からはガネーシャ・ギリ先生によるインドのお話やインド占星術講座、そして、マントラ、ムドラー、クンダリニーヨーガの実践を教えて頂けます。
実は私が一番楽しみにしていたりします。

2期からはリードトレーナーに熊倉紀子が、主にアーサナ、ティーテイング技術、解剖学、デモ実習、アーユルヴェーダを担当します。

トレーナーには吉田千恵美、ヨーガ哲学(ヴェーダーンタのお話)やプラーナ―ヤーマ、瞑想の実践を担当。

アシスタントティーチャーに及川桜子が講座生の細かい部分までフォローをします。

そしてガネーシャ・ギリ先生にはマントラ、ムドラー、バンダ、クンダリニーヨーガの実践や、インド占星術、インドのお話をご教示していただきます。

またサンスクリット語の勉強を東海大学非常勤講師の浜本先生をお招きしています。

ますますバラエティー豊かになる養成講座H&Bをどうぞ皆様楽しみにしていてくださいね。

ガネーシャ・ギリ先生のプロフィールです。
ヨーガ(ヨガ)歴27年、瞑想歴38年で、ラクト・オボ・ヴェジタリアン(ヴェジ歴27年)です。
現在、埼玉県川口市でインド占星術鑑定とヨーガの指導をする「ガネーシャ・ガンガー」を主宰。
成瀬ヨーガグループで21年間ヨーガを修行。
アーカーシャ・ギリ師(成瀬雅春師)の直弟子として学ばせていただき、同グループの指導者も務めさせていただきました。2011年からは、師の許可をいただき自らの教室の活動に専念しています。
インド亜大陸には、16回ほど足を踏み入れています。ご縁をいただき感謝します。
1981年 気功(静功・瞑想気功)の修練を開始(1992年まで継続)。
1986年 大学の中国文学科に学びながらさらに気功を究める。(1990年の卒業論文は「気の体現」)
1988年 インド系某瞑想団体にて、瞑想の技術を学ぶ。1992年 成瀬ヨーガグループ(当時はデバイン・ヨガクラブ)に入会成瀬雅春師に師事、決定的な影響を受ける。成瀬師を生涯の師と(勝手に)決め、以後、気功の修練は中止し      「12年間、ヨーガだけを究める」という目標を自らに課し、ヨーガの修行にのめりこむ。
1994年 同会の師範科に入り、ヨーガの指導法を学び始める。
1995年3月、初めて実際にヨーガの指導をする(インド・アグラ近郊にて)
1998年 成瀬師のアドバイスを受け、ヒマラヤの4大聖地(ヤムノトリー、ガンゴトリー、ケーダルナート、バドリナート)を、足かけ3ヶ月かけ巡礼。
2001年 アラハバードで行われた マハークンブメーラー(144年に1度の修行者の大祭)にアーカーシャ・ギリ師(成瀬師)の弟子として、師に随行。 この時に師より正式に「ガネーシャ・ギリ」という名前を授かる。マハークンブメーラにて、プラヤーグ・ギリとともに(インド・アラハバード)
成瀬ヨーガグループの指導員に認定される。
同グループの「魂を磨く集い」でアーカーシャ・ギリ師より、占星術の極意というべきアドバイスをお聞きし、      一気に占星術への興味が開かれる。
2004年 自らに課した12年が終わり、師の賛成の下、インド占星術を独学で学び始める。
2006年 師の賛成の下、別の指導者の下で、ヤジュルヴェーダの詠唱、伝統的なプージャ(インド古来の儀式)を学び始める。
2006年、酸素の少ないヒマラヤのタポワン(標高4500m)にてシルシャ・アーサナ(逆立ち)修行をする。
2008年 独学ではあるが、インド占星術にかなりの手ごたえを感じ、鑑定を仕事にすることを決意。しかし高名な占星術家KNラオ氏(注1)の「君はヨーガを教える仕事をする運命にある」という予言と、高名なアーユルヴェーダ医のスダ博士(注2)の「(それだけのヨーガの技術を持っていながら)どうしてヨーガを教えないの?」 という勧めに後押しされ、アーカーシャ・ギリ師の「(ヨーガ仕事にするなら)頑張りなさい。」の言葉を受け、さらにヨーガも仕事に加えて出発することを決意。
2009年 成瀬ヨーガグループの指導員から指導者に昇格。
2011年 成瀬師の許可を得、活動の中心を「ガネーシャ・ガンガー」移す。
母方の祖父(故人)は「人格易者」として知られ、中国系占星術家でもあった奥野粂吉(「占い師」 ちくま書房 参照)。